肘折温泉 お宿【大穀屋】- 公式ホームページ -

  img_1285.jpg img_0361.jpg unadjustednonraw_thumb_855.jpg unadjustednonraw_thumb_e6d.jpg cncaohtnr3czo+1og7xbkw_thumb_696.jpg unadjustednonraw_thumb_451c.jpg
 
 
おすすめ宿泊プラン
 

 

の〜んびり湯治プラン

連泊が断然お得!1泊2食付

6,300円〜5,450円(税込)

肘折と言ったら「湯治」字のごとくお湯で治す心も身体もリフレッシュ/おひとり〜皆さまでもそれぞれの時間をお楽しみ下さい。夕食にプラスして「朝市」の山菜を調理して囲む団欒のひと時/
 
詳しくはこちら



 

おすすめ湯治、旅籠プラン

肘折で初めての湯治にも安心!

9,150円〜7,850円(税込)

気軽に湯治を楽しみたいという方にも安心。湯治のイメージを綺麗に新しく!浴衣でぶらぶら温泉街巡り♪昭和感漂う温泉街で触れ合う懐かしい時間。お部屋グレードアップで5階トイレ付きにすることも可能。
 
詳しくはこちら



 

地物を堪能 旅籠プラン

心を込めた手作り料理でほっこり

11,000円(税込)

温まりの名湯、肘折温泉に浸かり、山形 肘折の豊かな恵みで心も身体もあったかポカポカ/心をこめた手作り料理でおもてなし。貸切風呂和みの湯も家族で一緒に安心、大好評です。(お部屋は5階トイレ付き)
 
詳しくはこちら


秘境 1200年の歴史ある温泉地 肘折温泉

肘折温泉は、山形県の大蔵村にあります。今から1200年ほど前の西暦807年(大同二年)平安時代に発見され開湯とされております。湯治場としては、西暦1391年の正月二日に開業致しました。肘折の発見にまつわる伝説も興味深く…「昔、豊後の国(大分県)からきた源翁という老人が山中で道に迷い途方にくれていたところ、後光きらめく老僧に出会った。」…というような事が左の縁起書に記されております。この老僧こそが地蔵権現であり、かつて肘を折って苦しんでいた時に、この肘折の湯に浸かったところたちまち傷が治った、と語り世の中に湯の効能を伝えるように源翁に言い渡されたとされています。以後肘折温泉は、近郷の農山村の人々が農作業の疲れを癒す温泉場として、また傷や術後に有効な温泉として賑わってきました。また老僧が住んでいた洞窟は「地蔵倉」と呼ばれるようになり今では縁結びの神様として守り続けられております。このような興味深い伝説のスポットや伝説が肘折温泉には残っております。また肘折温泉は、平成2年より日本の名湯百選にも選ばれている温泉地です。